· 

厚木市は共働きのご家庭でも子育てをしやすい街!

こんにちは、秦野市・厚木市で主に不動産の売買又仲介を行っております、秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です。

 

厚木市は「共働きでも子育てしやすい街ランキング」に全国3位にランクインしました!

今回はその厚木市はなぜ共働きのご家庭でも子育てがしやすいのかをご紹介します


共働きでも子育てしやすい街ランキングの評価基準

まずはそもそもこのランキングで評価のポイントとなる点をご紹介します。

順位を決めるのに最も重要視されるのは、保育園に関する整備状況 です。これは主に「保育園入園希望者がどれくらい入れるか」つまり「保育園の入園しやすさ」を評価で最もポイントとなる点です。

その他にも、「未就学児の人数」「病児保育施設の充実度」「幼児教育・保育無償化以上に保育料値下げなどしているか」など計13項目が評価基準となっています。

 

*なお共働きでも子育てしやすい街ランキングに関する

 詳しい情報はコチラ!


※なお秦野市、厚木市では注意すべきエリアもございます。

詳細については秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ株式会社)にお問い合わせ下さい。


厚木市が評価されたポイント

その⓵ 待機児童ゼロ・預け先やサポート体制の充実!

厚木市では、待機児童ゼロに向けて保育施設の拡充を進めており、2019年度には、保育所待機児童ゼロを達成する見込みです。

また、認可外保育園を年度内に4か月以上継続して利用した方には助成金の支給があり、市内の病児・病後児保育を行う施設では、小学校3年生まで預けることができます。

さらに、2人目以降の子どもへ紙おむつ等を宅配したり、幼稚園への送迎を行う「幼稚園送迎ステーション事業」が実施されていたりと、未就学児がいる世帯へのサービスも充実しているのが特徴です。

市内全ての公立小学校には、公立の放課後児童クラブが設置されており、共働きの家庭であっても、安心して働ける預け先やサポート体制が整っていることが、高く評価されたポイントだと考えられるでしょう。

 

 

その⓶ 子育て家庭以外へのサポートも充実!

子育て家庭以外へのサポートがしっかりしている事も、厚木市が高く評価されたポイントです。

保育士の確保に関しては、保育士の復職・転入・奨学金返済の3つの助成を行っており、随時、認可保育所等の見回りや窓口相談、指導監査を実施していることで、保育の質確保にも力を入れていますよ。

それだけでなく、産前産後の子育て家庭に家事や育児のお手伝いをする「ほっとタイムサポーター」の派遣や、市独自の不妊治療助成も実施しています。


まとめ

厚木市が高く評価された背景には、早急に解決すべき待機児童などの問題に確実な成果をあげながら、預け先の確保や保育士のサポート、不妊治療に対する助成など、幅広く対応していることが挙げられます。

共働きで子育てをしていきたいと考えている方は、ぜひ一度、厚木市の一戸建て購入を検討してみてください。

 

ぜひ私ども秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせください!