知っておく役に立つ!固定資産税編

こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動する秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です。

 

一戸建てを購入される際、住宅ローンだけではなく、毎年固定資産税を払っていく必要があります。

これは毎年1月1日に所有権の登記をしている人に対して課される税金のことです。

毎年4月から6月に納税通知書が市町村から送られてきます。

今回はこの固定資産税についてお話ししたいと思います。


固定資産税の課税対象

まずこの固定資産税が課される対象の資産は土地、建物、及び償却資産といった固定資産が対象となります。

 

償却資産とは何か。

これは土地、建物を除く事業に使用するもので、建物附属設備・機械装置・車両運搬具などが課税の対象となります。

*ただしここでの車両運搬具は自動車税や軽自動車税の対象となるものは除かれます。

 

ですがみなさんが納税するのは基本的に土地・建物に対して課される税金ですので、償却資産はイメージだけ

でも掴んでもらえれば大丈夫です。


固定資産税の計算方法

今回は一戸建ての固定資産税の計算方法をご紹介します。

固定資産税の金額は「固定資産税評価額×1.4%(標準税率」で計算します。

 

・固定資産税評価額とは

毎年送られてくる納税通知書の価格の欄に記載されてる金額のことです。

これは各市町村が定めたもので、3年に1度見直しがされます。

 

・標準税率とは

地方公共団体が地方税が課税する際に通常用いることとされる税率です。


※なお秦野市、厚木市では注意すべきエリアもございます。

詳細については秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ株式会社)にお問い合わせ下さい。


評価額はどれくらい下がる?

土地の評価額の変化

土地はその時の整備状況都市計画に応じて価値は変わっていきます。

 

建物の評価額の変化

建物は月日が経てば築年数が増していき、劣化し評価額も減額されていきます。

ですがこの減額にも限度があり、建物の場合、新築時の評価額の2割までが最低ラインとなり、

それ以降は減額されません。なのでいくら築年数が増していっても固定資産税がゼロになることはないんです。

*一般的に新築戸建で木造住宅の場合、評価額は25年で下限に達します。


固定資産税の軽減措置

この毎年なかなかの価格を納税しなければならない固定資産税ですが一部軽減制度が設けられています。

 

・建物(新築住宅)

この対象ですが、平成32年3月31日までに新築された住宅である必要があります。(居住用の床面積50㎡~280㎡以内である事)

新築戸建で居住床面積の120㎡までが減額の対象となり、建てた当初3年間は居住床面積が120㎡以内の

部分につきましては、固定資産税がなんと2分の1つまり半分まで減額されるんです!

*3階建て以上の耐火建築物・準耐火建築物は5年

 

とはいっても4年目以降は本来の固定資産税額に戻りますので、あらかじめ心の準備はして置くとよいでしょう。

 

・土地

土地の軽減措置についてご説明します。

まず土地(住宅用地)に課される計算の方法は「課税標準額×1.4%=住宅用地固定資産税額」となっています。

土地は利用用途が住宅である場合、特例制度により大きな軽減が出来るようになっています。

この軽減制度の仕組みとしては、税額そのものが直接減税されるという訳ではなく、課税標準額が減ることによって

税額(住宅用地固定資産税額)もそれに応じて軽減されるという仕組みになっています。

 

この対象の土地の軽減税率ですが

小規模住宅用地(一戸につき200㎡までの部分)はなんと6分の1まで減税されるんです!

*一般住宅用地(200㎡を超える部分)に関しては3分の1まで減税されます。

 


いかがだったでしょうか、住宅を購入する際、毎月かかる住宅ローン以外にも様々な費用が必要となります。

固定資産税も年に1度とは言え、かなりの費用を要します。

その際こういった知識を知っておくだけで後で急な負担に困るようなことが防げます。

 

 なお神奈川県で住まいの購入を検討されている方はぜひ秦野市・厚木市で活動している

秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせください!