賢く不動産探し!何からスタートすればいい?

こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動する秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です。

 

だいたいのお客様はまず物件をアットホーム・SUUMO・Yahoo!不動産や不動産会社のサイトから物件を見てからお問い合わせをすることが一般的だと思います。弊社もこのパターンでのお問い合わせが多いです。

 

ただ、この何から始めるのかというのが「賢い住宅購入」をする上では非常に大切になってくるのです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

★不動産を見てから考える自分の将来と資金計画

―――――――――――――――――――――――――――――――――――

「不動産購入にあたって何から始めたか?」という調査によると、

 

住宅物件探し         33.3%

購入エリアの検討       26.8%

希望条件の整理         13.3%

資金計画の検討         8.7%

購入方法の情報取得    8.1%

不動産業探し           3.7%

ライフプランの見直し  2.2%

その他                  3.9%

(※首都圏で住宅購入をした方1,000組を対象にしたネット調査による)

 

調査から浮かび上がるのは、先に「エリア」と「物件」を決めてから、不動産購入を進めていく方が全体の約6割(1+2)いることがわかります。つまり、まず不動産のイメージを持ってから、自分の不動産購入方針や購入する力を検討しいる方が大半だという事がわかります。

 

一方、資金計画等から始める方はどの程度いるかというと、約11%(4+7)つまり全体の約1割程度しかいないのです。資金計画等が大事だとわかっていても、最初に取り組む方は少ないという事です。

 

おそらく、

この流れを全て否定するものではないですが、この進め方には様々な問題に陥りやすいです。

 

問題1  自分都合、自分独自の判断基準で物件探しをしてしまう。

→将来の資産性とは関係ない視点で購入を決めてしまうことが多い。

 

問題2  気になる物件が出てきて初めて資金計画をするので、支払えるか支払えないかが焦点となりやすく、自ら諸条件に合わせ予算を釣り上げていく。

 

問題3 ローンの事前審査もしていなかったために、他の方に買われてしまい、良い物件を買い逃してしまう・・等

 

家をどのように購入していくかの計画がそもそもないため、あやふやな判断基準のまま不動産を見ていくことになります。全てのプロセスが物件ありきで進行し後追いで資金計画などを考えると「賢い住宅購入」は出来ません。

 

「物件選び」からスタート!

誰にも頼らず自分自身で探したい!

自分自身で探す方法はネットで見つける!

グーグルやYahoo!の検索ボックスで「新築」「住宅」「戸建て」「地域名」などの手当たり次第のキーワードを入れてみる。

 

そうするとある程度希望の物件が見つかります。

仲介手数料のかからない不動産会社を探す!

同じく検索キーワードで「仲介手数料無料」の会社を探してみる。

 

大手仲介業者は3%+6万円×税金の仲介手数料を契約時に半金、決済時に半金を支払うシステムの会社が多いです。

 

テレビCMやネット広告などにお金がかけることができ集客ができますが街の小さな不動産会社はポータルサイトや自社のホームページなどで集客をしていることが一般的です。

 

かけているお金が高い分、仲介手数料をもらわないと成り立たないわけです。

会社の内容(運営状況)を会社概要などもみて判断してみましょう。

重要!

なぜ、マイホームがほしいのか動機は大事)

  • エリア
  • 希望価格
  • カースペース(台数や車種)
  • 土地の広さ
  • 建物の広さ(間取り)
  • 周辺の環境(買い物・病院・学校など)

「資金計画」からスタート!

プロにご相談してみてください。

資金計画やライフプランなどの検討を半強制的に先に行い、自分の不動産購入力を見極め、無理ではないといえる基準がわかってからプロと一緒にエリア選択や物件探しに取りかかる事をお勧めします。

 

不動産購入力の見極め方には、ファイナンシャルプランナーなど専門家の力を借りてもいいですが、なかなか敷居が高いという事でしたら、自分にとって無理のない支払のレベル、それを見つけるだけでも最初は十分だと思います。

 

フィールドホームズでは、まず、「住宅購入の判断基準」(個別相談)を身に付けて頂き、その後に「資金計画」をしていただく事を皆さまにお勧めしています。

 

 

 

 

 

結論!おすすめの計画

「住宅購入方法の情報取得」⇒「資金計画」⇒「購入エリアの検討」⇒「住宅物件探し」の順です。

 

わからないことだらけの不動産探し!ご自身で頑張ってみるのもとてもよいことだと思いますが、疲れてしまう前にプロにご相談していただいて一緒に賢くマイホームを購入していけたら私たち不動産会社もやりがいを感じてお手伝いにもより力が入っちゃいますよ。