· 

目指せ!雑学王③ 「動物」

 こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動しております、秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です。

 

今回は「目指せ!雑学王パート③」ということで様々な雑学をご紹介させていただきたいと思います!


ネコの落下

僕が結構前に知って驚いたニュースがあったのですが、それは高層マンションの19階から落ちた猫が全くケガをしなかったという話です。

 

これについて詳しく調べてみたのですが、猫は一定以上の高さであれば落下時に手足を広げてムササビのようなポーズをして

落下スピードを落とすことで落下の時もほとんど衝撃なく着地できるとのこと。

 

ですがこの安全に着地するためには以下の条件があります

・強い筋肉としなやかな関節がある

・反射神経や動体視力が通常の猫(成猫)以上伴っている

・ある程度判断に必要な高さがあること

 

これらがない場合(まだ幼い猫や逆に年老いた猫、四肢が正常とは言えない猫、中途半端な高さ)は落ちればケガはかなりの確率でします。危ないですので猫をマンションや団地等で飼っている方は落下防止用ネットを貼るなどして対策をしてくださいね。

 


イカの足は何本???

みなさんが知ってるイカの足の数はおそらく10本だと思います。

そうです見かけだけなら10本なんです。ですがその10本のうち2本は「触腕」と言って腕や手にあたるものなんです。

なので海でのお仕事をされている方はご存じだと思いますが、イカの腕や手にあたる触腕の長さは長く、吸盤に関しては足(8本)は全体についてるのに対して、触腕の吸盤は先端の方にしかついてないんです。

 

ということでイカの足は厳密には8本!です。

こんな問題出されて答えが8本だなんて聞いたら「そんなん興味ないわ」と言われるのが想像できます(笑)

話す相手は考えた方がいいかもしれません(笑)


*秦野市・厚木市では注意すべきエリアもございます。

 

詳細につきましては秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせ下さい。


水族館のらっこ

ラッコの眠る姿はみなさん一度は見たことがあるのではないでしょうか。

水面で仰向けで手をお腹において眠るんです。

通常の野生のラッコですとこれだけでは潮流で流されてしまうため海藻を自分の体に巻き付けて眠ります。

 

ですが水族館で飼育されているラッコはもちろん海藻など流されないように巻き付けられる物がないため

ラッコ同士お互いに手を繋いで眠るんです。想像するだけでなんともかわいらしいですよね(笑)


蛇はなんで舌をチョロチョロ出す?

蛇のイメージと言えば、にょろにょろしながら移動する姿や鋭い牙(一部毒)をもっていることや、舌をチョロチョロ出すところです。

この中の「舌をチョロチョロ出す」のには意味があるのか。これについて調べました。

 

ズバリ結論から言うと意味はあるんです!

ではどのような理由であのように舌を出してるのか。

 

まず蛇の口の奥にはヤコブソン器官という嗅覚の感覚器官があります。

なので蛇は空気中の匂いを舌で集め、口の中のヤコブソン器官に差し込んで匂いを感じ取っているんです。

たまに舌先が二つに分かれている蛇がいますが、それはその器官を効率よく生かすため舌を二つにすることで表面積を増やし、

少しでも多くの粒子を捉えるために工夫されているんです。

 

ということでこのような蛇の体の構造からあの「舌をチョロチョロ出す」がイメージ付いたんでしょう!


いかがでしたでしょうか!

今回は生物に関する情報をご紹介しました。

ただでさえ人間の体の構造にもまだ謎はあるですから他の生物はまだまだ不思議がいっぱいです。

 

   なお秦野市・厚木市で住まいをお探しでしたら、ぜひ秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせ下さい。