用途地域ってなんだ?

こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動している秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です。

 

今回は!不動産(土地・建物など)の取引を経験済みの方は一度は疑問に思う「用途地域(ようとちいき)」を

簡単にご説明したいと思います。


用途地域は細かく分けて13種類もある!?

用途地域とは、都市計画の地域地区の一つで、用途の混在を用途の混在を防ぐことを目的としている。

大きく分けると住居系商業系工業系の3種類があり、更にそれぞれを細かく分けると全部で13種類ある。

以下の13種類になります。


どのような制限があるのか?

それぞれの用途地域にどのような制限の違いがあるのか、ご説明していきたいと思います。

今回は住むために購入する不動産でよく見かける「第一種低層住居専用地域」「近隣商業地域」「準工業地域」の3つに

重点を置いて様々な疑問や違いを知っていきましょう!

 

①建てられる建物の種類に制限!

まず各用途地域ごとにパッと見てわかる違いと言えば、街並みや建物それぞれの高さです…

 

 

右の図のようになっており

それぞれの用途地域で建てられる

建物と建てられない建物が

こと細かに分かれているんです。

 

例えばこの図には載っていませんが第一種低層住居地域では

小学校・中学校・高校は建設できるのに、「大学・病院」は

建てられなかったり。

 

近隣商業地域では

飲食店は建てられるのに

料理店(クラブやバー)は

建設できなかったり。

 

つまり用途地域とは無秩序に様々な用途の建物を乱立させるのを防ぎ、街づくりにおいて生活しやすい街を形成するための方針でもあります。例えば、工場に囲まれた場所に住宅が点在するようなことや、閑静な住宅地の中にパチンコ店が存在するようなことが起こらないようにする法律です。

 

ちなみに画像を見て頂いてわかる通り商業地域準工業地域では、大半の建物が建設できます!

 

建蔽率・容積率に関しての制限の違い

敷地面積に対してどのくらいの広さの建物を

建てられるかを制限する「建蔽率」と

敷地面積に対して建てられる建物の延べ床面積は

どのくらいなのかを制限する「容積率」

 

簡単に言えば「建蔽率」は

隣の建物との距離をどのくらいとるかの制限

容積率」とは

建築できる床面積の合計の限度を定めることで、

建物の高さなどを自然と制限

 

いずれも各用途地域によって既に定められており

その定められる数値も用途地域によって様々です。

 

第一種低層住居専用地域では

建蔽率と容積率の制限が厳しく、敷地に対する建物の面積も、建てられる延べ床面積の合計も低くなるような制限となっています。

 

 

近隣商業地域では、建蔽率の制限も緩く、隣の建物との距離が比較的近い地域で建物の高さなども高く建てられます。

 

③建物の高さによる制限

まずは第一種低層住居専用地域・第二種低層住居専用地域・田園住居地域。

これら3つの地域は高さが10m又は12mを限度に建物が建てられます。

アパート・マンションに関しては3階建てが限度とされています・

 

この他にも高さに関する制限は以下のようなものもあります。

道路斜線制限

北側斜線制限

隣地斜線制限

これら3つは建物の高さを制限し、道路自体の採光や通風を目的とした制限になります。

日影規制

日影規制は、日照を確保することを目的した、日影による建築物の高さの制限です。


いかがだったでしょうか!

住まいを購入する際、初めはわからないことだらけで物件を見つけるのに大変苦労します。

なので少しでも不動産に関して知識をつけることで、条件もスムーズに絞れるので

物件探しもより円滑に事が進みます。

 

秦野市・厚木市で住まいをお探しでしたらぜひ、秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)お問い合わせください。

全力でお客様の不動産購入の道のりをサポートさせていただきます!