· 

増税前の備えのポイント!

こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動している秦野厚木不動産情報館です。

 

今回は2019年の10月施工される消費税8%→10%に変わるのはもうみなさんご存じだと思います。

以前5%から8%になる直前は、多くの方が駆け込みでまとめ買いをし、増税後は一気に景気が冷め込むという

かなり経済に影響がでていました。その傾向から今回も増税前に多くの買い物をする人が増えてくると思います。

そこで今回は増税前の買い物は果たして得をするのかということについてお話していたいと思います!

以下ワンポイントアドバイスをご参考にしてください。


購入すべき商品かどうかを考えましょう!

やはりみなさん、消費税が上がるというのは支払う代金が上がると考えがちなのではないでしょうか!?

実は購入する店舗や商品の種類・タイミングによってはそんなことがなく、むしろ安く買えることが多い場合もあります!


増税前に購入した方が良い商品とタイミング

みなさん、ここで増税前に購入しそうなものをお考え下さい。

 

かなり多くの方は、家電・家具の買い替えを考えるのではないでしょうか。

「そろそろ古くなってきたし、増税前にいい機会だと思って買い替えよう」

この考えはあながち間違いではないと思います!

ですが意外と管理人の自分がよくみかけていたのは、増税後の値下げセール等です。

お店側も増税を逆手に取ったセールで売り上げを伸ばしている所も実際の話によるとあるみたいです。

 

ここでは買うタイミングについて申し上げましたが、

まず第一に考えるべきは、本当にそれが今必要なものなのかです!

増税という言葉に惑わされて、たくさん物を買うまでは良いと思います。ちゃんと使用すれば得をするかもしれませんが、

それを使用しないまま捨ててしまえば、お金を払って買っても価値は(ゼロ)です!

売るとしても、やはり元は取れないのでマイナスになると言えるでしょう。

 

なお増税する前に購入をするのにオススメなのは値崩れしづらいブランド品です。

ぜひご参考にしてください!


軽減税率制度について理解しよう!

軽減税率(複数税率)とは、特定の品目の課税率を他の品目に比べて低く定めることをいいます。日本では消費税率を10パーセントに引き上げる際、低所得者対策として食料品や新聞などが軽減税率(複数税率)の対象品目となり、税率は8パーセントのまま据え置かれることになっています。平成31年10月からはじまります。

 

軽減税率の対象品目

軽減税率8%で購入できる対象品目はいったい何にあたるのでしょうか?

軽減税率の対象品目には、「酒類」「外食」「医薬品」「ケータリング・出張料理等」を除く飲料食品、定期購読の契約をした週2回以上発行される新聞とすることが盛りこまれています。

 

外食と加工品の線引き

外食と加工品の線引きがとてもわかりづらいと言われており、政府内では、外食の定義を取引の場所と態様(「サービスの提供」有無)を明確にすることにより、軽減税率なのか標準税率なのか?に分別しています。

 

外食の定義は場所(その場で飲食させるための設備を設置した場所)

態様に着目して定義(食事の提供(ケータリング・出張料理も含む))

となります。

 

以上。「まるわかり軽減税率」https://keigen.smaregi.jp/ を参照


住まいのような大きなお買い物をお考えの方!

消費税upと聞いて、みなさんは何が一番増税前に購入すべきか考えたことはありませんか?

その中でも家具家電に次いで多いとみられているのは「住まい!」つまりお家です!

不動産では、不動産売買に係る「建物代金」「仲介手数料」等には当然消費税がかかってきます。

その中でも建物代金は大変大きな金額ですので増税前と増税後では、差額もものすごく影響してくると思います。

3000万円の物件を購入する場合。

増税→3000万×1.08=3240万円

増税→3000万×1.10=3300万円

差額:60万円。一目瞭然ですよね

 

ですが、だからと言ってお家の購入を焦ってしてはいけません

お家選びは、非常に慎重に選ばなければ金額が大きい分、のちに後悔する事態を招くやもしれません。

消費税増税あるなしに関わらずお家の購入を検討していた方は、目星の付いてる物件があれば積極的に行動すべきです。

ですが消費税増税に感化されて物件の購入を迷っている方は、しっかりとしたライフプランを持ったうえで

今購入するかしないかを判断しましょう!増税を一番の理由とするのは非常に危険でオススメはできません。


まとめ

いかがだったでしょうか!

消費税増税。ほんとに最初聞いたときは「恐ろしいな」と思いました(笑)

軽減税率制度もイマイチ理解するのに時間はかかりますし、線引きが難しいのでかなりお店の方も消費者の方も

困らされそうですね。

 

今回。管理人である自分が言いたかったのは、目先の利益ばかりに捕らわれるな!」ということです。

(上から物を言うような言い方で申し訳ございません)

ですがこれは何に対しても言えます。スポーツでも勉強でもお買い物でも人間関係でも。

自分も未だ未熟でできていませんが、お金に関してはしっかりその場で損得勘定ができるようにした方が

結果的に得をすることの方が多い気がします。

最近自分は目先の不確定の利益を求めるのではなく、「得たものがに変わる可能性」を重視するよう心がけています。

 

神奈川県(主に秦野市・厚木市)で住まいをお探しならぜひ秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)に

お問い合わせください!今日投稿した増税に関わるメリットデメリット等、お客様に分かりやすくお伝えいたします!