木造住宅の寿命は何年?

こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動している秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です!

 

今回は久しぶりに不動産の知って得する情報をご紹介していけたらと思います!

ここで得た知識を不動産探しに少しでも役立てていただければ幸いです!


木造住宅の寿命は30年??

不動産のブログですと「木造住宅の寿命が一体どのくらいなのか」。このようなブログを多く見かけます。

一般的に今では木造住宅の寿命は「30年」と言われています。

 

ちなみに戦後間もない頃は「20年」と言われていました。戦後の住宅はほとんど焼失してしまったため、とにかく全国民に住まいを届けるべく、質より量で建設していった結果、設備が不十分であったり、遮音性や断熱性などがほとんどない住宅が量産されていました。ですので戦後の住宅に関しては木造住宅の寿命が「20年」と言われていたんです。

その後は時代が変わって「平成」となり、日本の建築技術は素晴らしいほど進歩してきました。

ですので今の木造住宅は「20年」が寿命になるわけがないんです。「30年」というのも少しおかしな話です。

 

ではなぜ今の木造住宅の寿命が「30年」と言われているのか。

ある一説ではこの「30年」という年数は寿命以外の理由で取り壊された木造住宅の築年数から平均した数字が算出されているからと言われています。

なので木造住宅に30年しか住めないというわけではないんです。

 


じゃあ結局何年持つの??

ここで問題なのが「じゃあ今の木造住宅の寿命はどのくらい」となると、どこにも根拠がないんです。

もちろん、今では政府の政策で「【長期優良住宅】数世代にわたり100年住める木造住宅」というものが打ち出されたりしていることから、必ずしもほとんどの木造住宅が30年前後で寿命がくるわけではないのは目に見えています。

「長期優良住宅」ではない木造住宅でも一定の頻度でしっかりとメンテナンスを行っておけば、大きな天災地変などの倒壊がない限り、100年住める環境を維持できる可能性は十分にあるんです。

 

つまり木造住宅の寿命「住む人次第」と言えるでしょう。

ですので戸建て住宅を検討されている方は、維持管理にかかる「メンテナンス費用」。

こちらにも目を向けつつ、住まいをお探しすることをお勧めします。

 


いかがだったでしょうか!

紹介し忘れていましたが寿命が「30年」というのには、「建て替え」を検討されていたり、大体30年経ったあたりから「配管に関する問題(特に水漏れ)」が起こるからそのぐらいが寿命ではないかとも言われています。

 

なお秦野市・厚木市で住まいをお探しなら秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にぜひお問い合わせください!

今回話題に出た木造住宅のメンテナンスにかかる費用の相談や諸経費等の相談も承っております!