火災保険の家財の設定金額どのようにしたら良いのか??

こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動している秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です!

 

今回は火災保険に関する事を少しお話していきたいと思います。


火災保険の家財の保険金額の設定方法はどう決定すれば良いのか…

契約時に迷う事の無いよう、また見直し時の参考にしてみてください。

火災保険の設定金額を決める場合の目安は?とよく聞かれます。

大人1人あたり250万円で設定している事が多いのが実情ですが、実際お客様自身で家財の金額を設定する場合は、単純にお持ちの家財と同額での設定をおすすめする事しか出来ないのです。

 

それは、火災時に全焼した場合の家財は、実際の再取得の金額しか出ないからです。

 

ですので、実際にはそんなに家財をお持ちでないのに高額に設定した金額で加入したところで、実態に基ずいていないと保険金はおりません。

 

ただの保険料の無駄という事になります。

逆を言うと、保険料を抑えた契約をするために家財の設定金額を下げると、あくまでも設定金額分までしか保険はおりない事になります。

 

ですので、事故後に家財などが揃えられず、困ってしまう事になります。

 

保険はあくまでも実態に基ずいて契約をする事が基本で、事故が起きた場合でも今の環境に近い生活を送る事が出来るようにするためのものであって、儲かるものでも損をするというものでもありません。

特に高価なものをお持ちの場合は別途申請しなければなりませんが、高価なものも含めて実態にそった契約をおすすめします。


いかがだったでしょうか。

高額に設定しても実際に失った家財の価値が保険金を受け取る限度で、逆に低く設定すれば損失額が設定金額を上回ったとしてもその設定金額分が限度になるので損をしてしまうんです。

なので今回お話した通り、火災保険の設定金額は家財の価値の同額をオススメします。

 

なお秦野市・厚木市で住まいをお探しならぜひ秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせください!

その際、ご質問・ご要望等ありましたらなんなりとお申し出ください!