· 

ながら運転 明日から厳罰化 一発免停も!?

こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動している秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です!

 

本日は明日12月1日から罰則強化がされる「ながらスマホ」について、お話していきたいと思います!

 


スマホ「ながら運転」の違反点数・反則金が改正により約3倍に!?

近年、スマートフォンの普及による影響か「ながらスマホ」が原因の交通事故が増えています。

ながらスマホによる交通事故を引き起こした方々のほとんどが「ちらっと見るくらいなら大丈夫だと思った」と述べるらしいです。

ですが実際その一瞬の油断が悲惨な交通事故を招いてしまい、一度きりの人生を無駄にしてしまう可能性だってあります。

 

こうした中、警察庁は携帯電話等使用時の反則金をそれまでの約3倍に引き上げる道交法施行令の改正案を公表。

令和元年12月1日から、運転中の「ながらスマホ」に対する罰則は更に厳しくなります。

運転中スマホを操作する際は、必ず安全な場所に車を停めてから操作するようにしましょう!

 

 


改正後の罰則等の内容

気になるその改正後の内容ですが、以下の表をご覧下さい

見てわかる通り、改正前と改正後では違いが一目瞭然ですよね。

ここで管理人の自分が大きな改正点だと感じたところは、改正後の携帯電話の使用等により交通の危険を生じさせる行為にあたった場合の違反点数です。これに該当する行為をした場合、6点減点されてしまいます。つまり「一発免許停止」というわけです。


ここまでの厳罰化に至った理由として考えられること

・多発する悪質な「ながら運転事故

「ながら運転」による事故が軽傷程度で済めば良いとは言えませんが、それが死亡事故にまでなってしまうと話はガラッと変わってきます。以前このようなニュースを見かけました。

「スマホアプリで漫画を読みながら運転し事故 県内で死亡事故」

→これは2018年に「バイクで走行中の被害者の方が自動車道でワゴン車に追突され死亡した」とのこと。

 事故直後は加害者は「わき見運転した」と話していたそうですが、それは実は虚偽の供述で、ドライブレコーダーにはスマホで漫画を読みながら運転している加害者の姿が映っていたんです。

 

その他にも「ポケモンGOなどのゲームに興じながら運転したことによる事故」などと「事故」とはあまりにも呼びたくない事例が多数発生しています。

 

残された遺族の方たちの苦しみも計り知れませんし、何より亡くなられた本人の一度きりの人生がそこで終えてしまうんです。

被害者側は悔やむに悔やみきれません。

 

それに警察庁の発表したデータによると2018年の携帯電話など使用中の交通事故件数(カーナビ使用を含む)は2790件も発生していて、2010年の発生件数(1502件)に比べるとおよそ1.8倍も増加しているんです。

数字にすると今回のながら運転に対する罰則等の厳罰化も理解できると思います。


まとめ

車は便利ですが、その分大きなリスクも背負っています。

運転をする際は、常に最悪の事態に巻き込まれる又巻き込んでしまわないように少しでも意識しておくだけで事故は必然的に減っていくと管理人の自分は思っております。

そもそも運転をしてる最中にスマホを見ていたり、大音量で音楽を聴いていて事故を起こしてしまったら、見ていたのがほんの少しだろうとなんだろうと罪の重さに変わりはありません。

もし「ながら運転」を今まで少しでもしていたというのなら、事故を起こしてない今からなら遅くはないと思います。

必ずやめた方が良いと思います。

職業柄や様々な都合上、電話に出なければいけない・カーナビやその他を注視しなければならない場面等あると思いますが、それを優先したがためにこれからの長い人生に重大な支障を与えてしまうのは実にもったいないと思います。

電話をしたりカーナビを見るなら必ず安全な場所に停車した上で行いましょう。

 

なお秦野市・厚木市で住まいをお探しならぜひ秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせください!

全力で皆様の住まい探しをサポートさせていただきます!!


👇当社HPはコチラから👇

👇Twitterはコチラから👇

👇Instagramはコチラから👇