· 

自転車の基本ルールと罰則

こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動している秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です!

 

本日は以前からニュースでも度々見かけていた自転車の事故が発生する要因として何が原因かと考えた結果、多くの自転車利用者が自転車の基本ルールを忘れている、又はそもそも知らないからではないかと感じました。

ですので今回はそんな自転車の基本ルールについてご紹介させていただきます!

その他ネット記事等で気になった部分も一部ご紹介致します!


❏安全利用五則はきちんと守ろう!

その①≫ 自転車は車道が原則!(歩道は例外)

➡自転車は道路交通法上、「軽車両」に位置付けられています。

ですので基本は車道と歩道の区別があるところでは車道が原則です。

【罰則】 3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金

 

【自転車はどういった場合、歩道を走行できるのか?】

 

・運転者が13歳未満の子供又は70歳以上の高齢者の方・身体が不自由な方

・道路標識や道路標示により歩道での走行が可能な場合

・交通の状況を見て、自転車の通行の安全確保の為やむを得ない場合など

 

その②≫ 車道は左側通行!

自転車は道路の左側を走らなければならない

【罰則】 3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金(右側を通行した場合)

 

その③≫ 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

自転車が歩道を走行する場合は、歩道の中央から車道寄りを徐行しなければならない。

又、歩行者の通行を妨げる恐れがある時は必ず一時停止をしなければなりません。

徐行とは、すぐに止まれる速度で通行することを言う

【罰則】 2万円以下の罰金又は科料

 

その④≫ 「安全ルールを守る」

▪飲酒運転の禁止  

自動車等同様、自転車も飲酒運転は禁止です

 【罰則】 5年以下の懲役又は100万円以下の罰金

 

▪二人乗りの禁止  

自転車は原則一人で乗るものです。

6歳未満の子どもを幼児用座席に乗せるなどの場合は例外として認められます。

 【罰則】 5万円以下の罰金

 

▪夜間はライトを点灯

 

夜間の無灯火運転は非常に危険です。前照灯及び尾灯(又は反射器材)をつけましょう。

【罰則】 5万円以下の罰金

▪並進の禁止  

罰則】2万円以下の罰金又は科料

 

▪信号遵守  

信号は必ず守りましょう。破ってしまうと大事故につながる恐れがあります。

【罰則】3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金

 

▪交差点の一時停止と安全確認

 

一時停止の標識がある場合は必ず止まって安全を確認してから発進しましょう。なお標識がない場合でも、見通しの悪い交差点では必ず徐行し、左右の安全確認を十分にしましょう。

【罰則】3か月以下の懲役又は5万円以下の罰金


その⓹≫ 子どもはヘルメットを着用!

➡児童・幼児の保護者の方は、児童・幼児に乗車用ヘルメットをかぶらせましょう。

 

児童・幼児以外の方も乗車用ヘルメットをかぶるようにしましょう。


ここで一部自転車に関するニュースをご紹介!


一部の小学校では「自転車運転免許証」の交付も!?

とある小学校では小学3年生になると自転車講習を受け、修了した者は教育委員会から「自転車運転免許証」の交付を受ける。その学校の校則では受講するまでは保護者の付き添いがない限り自転車での外出は許可されない

 

➡もちろん独自で発行するものなので法律上の免許に対する効力はないのですが、こういった個々の意識を高め交通事故を少しでも減らす取り組みはぜひもっと広い範囲へ広がってほしいものです。


❏高齢者 自動車免許返納制度による新たな課題

近年では高齢者の危険運転が数々ニュースや記事で取り上げられている背景から、県や市の高齢運転者支援により「自主返納」を考える高齢者の方が増えています。

 

そういった高齢者の方が次に移動手段として選ぶ一つとして、「電動アシスト付自転車」が手段としてあるみたいです。

ですがそのいわゆる電動自転車にも課題があります。その課題というのが電動アシスト自転車の重量による転倒時の注意です。

通常の自転車よりも重い分、やむを得ず自転車を押しながら歩く状況になったときに、バランスを崩してしまうと転倒してしまいます。

その際、骨粗しょう症の場合その転倒により骨折する危険性がかなり高いので注意が必要なんです。

 

➡話がずれて自動車の話になってしまいますが、必ずしも高齢者の方は免許を返納すべきだとは筆者は思いませんが、せめて、ある一定の年齢を超えた際は指定の講習を受ける。や何年かに一度、運転能力が正常であるかどうかの検査や試験を受ける。といったようなものが義務化すれば交通事故の抑制に繋がるのではないかと思います。


いかがだったでしょうか!

筆者もつい最近までは自転車を使っていましたが、本来のルールを忘れてしまっていた場面が多少なりともあったと思うと情けなくて仕方ないです。今後自転車を利用する際は自転車の基本ルールを頭の片隅にしっかり置いて利用しようと思います!

 

なお秦野市・厚木市で住まいをお探しならぜひ秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせください!

全力で皆様の住まい探しをサポートさせていただきます!!


👇当社HPはコチラから👇

👇Twitterはコチラから👇

👇Instagramはコチラから👇