· 

時差ボケの対策方法


こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動している秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です!

 

本日は長距離フライトにはつきものである「時差ボケ」についてとその症状を抑えるコツをご紹介していきたいと思います!


❏時差ボケとは

時差ボケとは「体内リズム(体内時計)が乱れることにより、不眠や日中の倦怠感といった症状が発生すること」です。

時差が1時間の中国やフィリピン・グアムなどはほとんど影響はないですが5時間以上離れているハワイやオーストラリアでは起こりやすいです。


❏時差ボケの対策方法

ここでは「旅行前」「フライト中」「到着後」のそれぞれのタイミングでの時差ボケ対策をご紹介していきます!

 

・~旅行~なるべく現地時間に合わせて起床・就寝する

あらかじめ可能なら数日前から普段より寝る時間を早くしたり、現地の時間を確認しながら生活をしてみると、いざ現地に着いた際時差ボケの症状を緩和することができます。

無理のない範囲でやるのなら1日1時間程度現地との時差を縮められるような生活をしてみるといいでしょう。

 

~フライト~アルコールなどの過剰摂取は控える

機内ではアルコールなどの取り扱いがあり、ついつい手を伸ばしてしまう方も多いと思います。

しかし、時差ボケを解消するのならアルコールは天敵です。飲みすぎたり場合によっては脱水症状を引き起こし、時差ボケの症状悪化の原因になりかねません。ちなみにカフェインも眠りを妨げる効果があるので控えめにしましょう。

時差ボケを悪化させないためにはとにかくのどが乾いたら水を飲むようにしましょう。

 

~到着~陽の光をとにかく浴びる

時差ボケを解消するのに最も有効な手段が太陽の光を浴びることと言われています。

陽の光を浴びることによって体内リズム(体内時計)のズレがコントロールされます。

長距離フライトから到着した初日はなるべく陽の光に当たる時間を作りましょう。


❏スマホで時差ボケが解消?!

時差ボケの解消を謳っているスマートフォンアプリがご存知でしょうか。

そのアプリ名は「Timeshifter」。これはフライトや目的地などに合わせて最適な時差ぼけ対策プランを提案し、時差ボケの症状を抑えるといったもの。「いまのところ15,000のアンケート結果が返ってきています。それによると、プランにある程度または完全に従った場合、時差ぼけはほとんど問題にならないことがわかりました」と、開発者は発言しており、逆に「指示を守らなかった場合に時差ぼけが発生する確率は、15倍に跳ね上がります」ということも効果として記録されています。

 

詳細はコチラから

“スマートフォンで「時差ぼけ」が解消? 体内時計の研究者が共同開発したアプリの実用度”


 

せっかくの旅行が時差ボケが原因で楽しめなかったら勿体ないですし、誰だって体調が悪い状態を好みません。

ですので充実した旅行にするのなら、ぜひとも時差ボケ対策は頭の片隅に入れておいていただければと思います!

 

なお秦野市・厚木市で住まいをお探しならぜひ秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせください!

全力で皆様の住まい探しをサポートさせていただきます!!


ブログ内検索

これまで投稿したブログにヒットするものを表示します。検索例)不動産、雑学、家etc...



👇当社HPはコチラから👇

👇Twitterはコチラから👇

👇Instagramはコチラから👇