内見の際のチェック箇所!


こんにちは!秦野市・厚木市で主に活動している秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)です!

 

本日は一戸建ての内見の際にチェックする箇所をご紹介致します!


実際内見をする際は販売図面等持って、それらを見ながら間取りや現状の状況、室内の高さ・奥行き等確認していきます。

建築士に建物の劣化調査や耐震診断を依頼すると下記の場所を確認致します。

 

❏外観チェック

・建物の基礎にひび割れがないか

・外壁にひび割れ、欠損、浮きがないか。外壁にひび割れがある場合雨水の侵入の恐れあり壁内部の調査が必要になります。

・バルコニーの支持部材又は床のぐらつきやひび割れ

 

❏室内チェック

・床の劣化や傾斜

・蟻害、腐朽、腐食の調査

・土台、床組のひび割れや劣化

・柱及び梁のひび割れや傾斜、劣化

・内壁のひび割れ、欠損、傾斜、雨漏り

・天井、小屋組のひび割れ、劣化、欠損

 

以上。建築士は健康診断のように細かくチェックします。


中古の木造住宅の場合上記の調査結果で劣化ありと診断されたとしても改修工事や耐震改修工事をおこなえば新築同様になります。

また、築年が20年を超えていても建築士事務所に所属している建築士の方に耐震診断を依頼し耐震改修工事を行えば、耐震基準適合証明書を発行してもらい住宅ローン減税も受けられるようになります。

※住宅ローン減税を受けるには他にも要件がございます。詳しくは下記を参考にしてください。

http://www.rchukai.jp/contents/contents_f_tekigou_index.htm


いかがだったでしょうか!

人生に一度あるかないかの大きな買い物である住宅購入。

内見の際はしっかりとご自身の目で一度見て頂いて、それでも不安があるようなら

住宅の建物の状況を専門家が検査するインスペクションを活用することが有効的と言えます。

 

なお秦野市・厚木市で住まいをお探しならぜひ秦野厚木不動産情報館(フィールドホームズ)にお問い合わせください!

全力で皆様の住まい探しをサポートさせていただきます!!


ブログ内検索

これまで投稿したブログにヒットするものを表示します。検索例)不動産、雑学、家etc...



👇当社HPはコチラから👇

👇Twitterはコチラから👇

👇Instagramはコチラから👇